株式会社丸運

RFIDタグの活用で管理精度向上

RFIDタグを活用し、在庫管理の精度を飛躍的に向上することができます。

  • 流通加工

お客様のお悩み

製品の種類が多く、管理が複雑であり、棚卸などの作業効率が悪い。

ご提案

RFIDタグを活用

商品やパレットにRFIDタグ(ID情報を埋め込んだタグ)を装着することにより、物流センターのゲートを入庫する際、自動で検品・入庫処理を行います。
出庫の際も同様にゲート通過時に出庫処理がされるため、瞬時に正確な在庫状況を把握することができます。この他にも端末スキャンにより商品情報を確認することも可能です。

バーコード管理との違い

RFIDは、電波を用いてデータを非接触で読み取ることができます。従来のバーコード管理では、1枚1枚スキャンする必要がありましたが、RFIDタグは電波で複数一気に情報を読み取ることができます。
RFIDタグは、バーコードの運用に比べ、作業負荷や作業時間を大幅に減らすことができます。

お客様の声

  • RFIDタグの運用を導入したことで、より正確かつスピーディーな在庫管理が可能となった。
  • ミスも減り、作業効率は大幅に改善された。
RFIDタグリーダー
RFIDタグ(イメージ)

関連サービス

丸運からのご提案一覧へ戻る