株式会社丸運

スポンサー活動

ダカールラリーのスポンサー協賛

当社は、交通事故による重篤な被害体験を乗り越えて、親子二代で世界最高峰の「ダカールラリー」に挑む不撓不屈のスピリッツに共感し、2017年より「チーム風間(代表 風間深志氏)」との間でスポンサー契約を締結しております。

ダカールラリー(2008年まではパリ・ダカールラリー、通称「パリダカ」)は、世界50か国以上、350台以上の二輪・四輪・トラックが出場する世界で最も過酷なレースといわれているモータースポーツです。

2018年の大会は、1月6日にペルーの首都リマをスタートし、途中ボリビアの首都ラパスを経て、20日にアルゼンチンのコルドバにゴールするまでの全長約9,000㎞を14日間(荒天のため途中2日間のレースは中止)で走破しました。

今大会は、「ダカールラリー史上もっとも過酷」と主催者がアナウンスしていたとおり、完走率57%という非常に過酷なレースとなりましたが、ライダーの風間晋之介選手は途中トラブルに見舞われながらも14日間の全ステージを見事完走し、昨年実績の67位を大きく上回る、総合44位という好成績を残しました。

途中、思いがけないアクシデントにも見舞われ、一時リタイアも覚悟する状況となったのですが、翌日の競技が悪天候で中止となってマシンのメンテナンスができ、完走することができました。「運」も味方してくれたと風間監督は述懐していますが、我々の丸運マークがマシンやライダースーツの至る所についていますから、当然と言えば当然でしょうか。

「チーム風間」の信条である「安全走行、健康管理、チームワーク」の3点は当社の物流事業に通じるものがあり、当社は今後も「チーム風間」を応援してまいります。

Spirit of kazamaホームページ 新規ウィンドウで開く